肌断食中の大敵、紫外線による日焼け対策法!お勧めの日焼け止め

肌断食の外敵、紫外線について

肌断食中で一番気をつけなければならないのが、紫外線です。

肌断食を始めたばかりの肌は、まだ本来のバリア機能ができていないため、外からの刺激に打ち勝つ力が足りません。

とくに紫外線は健康な肌でも刺激が強く悪影響を与えるため、肌断食を始めたばかりの微力な肌にはもっとも注意が必要です。

そんな紫外線について、よく知らない方や知りたい方のために、詳しく記載していきます!

紫外線ってなに?

肌断食の外敵、紫外線について

太陽光から放射される光線には5つあり、ガンマ線・X線・可視光線・赤外線・紫外線と波長の異なる光線の中の1つが、紫外線です。

光線のほとんどはオゾン層によって吸収されるため、地上へは届きません。

その中で地上へ届く光線は、可視光線・赤外線・紫外線の3つだけです。

さらに紫外線は波長の異なる、紫外線A波・B波・C波と3つの光線を放射しています。

ちなみに化粧品などに表示されているUVとは、「Ultra Violet」の略語で紫外線という意味です。

紫外線3種類の特徴について

肌断食の外敵、紫外線について

ガラスも通り抜ける!紫外線A波(UV-A)

UV-Aは一番波長が長い光線で、地上に届く紫外線の約90%を占めています。

UV-Aの特徴は、雲やガラスを通り抜ける点です。

曇りの日でも室内でも、知らず知らずのうちに私たちの肌に届いています。

また、UV-Aは1年中地上へ届くため、年間通して気をつけなければなりません。

特に4~9月がUV-A量が増える時期といわれていますが、10~3月でもUV-A量は半分程度しか減少しないため、やはり1年中注意が必要だといえるでしょう。

波長が長いと光線自体のエネルギー力は弱いため、皮膚表面へのダメージは少ないですが、皮膚内部まで光線が届くので肌奥の真皮層へ悪影響をおよぼします。

じわじわと浸透して、時間をかけてゆっくり肌にダメージをあたえていくのが紫外線A波なのです。

反射光に注意!紫外線B波(UV-B)

紫外線B波は中波長の光線で、ほとんどのB波はオゾン層に吸収されるため地上には届きません。

しかし、最近の異常気象からもわかるように、自然破壊が進むにつれてオゾンホールやオゾン層の破壊も進行しているので、UV-Bが地上に届く割合が増えていると考えられます。

UV-Bの特徴は、雲やガラスを通り抜けることができない点です。

曇りや雨の日は、ほとんど地上に届きません。

また、UV-Bは夏の7月8月がズバぬけて量が増えるので、夏の時期に注意が必要な紫外線といえるでしょう。

ただし、エネルギー力が強く散乱性があるため、あらゆる方向から肌にダメージをあたえます。

例えば、アスファルトの照り返しによる反射光などもB波の影響を強くうけます。

他にも、雪が積もった場所、プールや海などの水辺、緑が生い茂っている草地、砂浜などもB波による反射光の影響をうけますので、日焼け対策が必要です。

最も有毒性が高い!紫外線C波(UV-C)

UV-Cは短波長の光線で、オゾン層で吸収されるため地上へは届かない紫外線といわれています。

またUV-Cは、紫外線の中で最もエネルギー力が強く有毒性が高いので、もしも地上にC波が届いてしまったら大変なことになりかねない危険な紫外線です。

B波で書いたとおり、オゾン層の破壊は確実に進んでいるので地上に届く日もそう遠くないかもしれません。

日焼けの種類、サンタンとサンバーンの違いとは

肌断食の外敵、紫外線について

サンタンとは?

サンタンとは、日焼けによって肌が黒褐色なることをいいます。

日焼けしても肌の痛みをとくに感じません。

肌が黒褐色になる直接的な原因はメラノサイトの活発化によっておこるもので、紫外線から肌内部の細胞を守ろうとする肌の防衛機能によるものです。

主にUV-Aの影響によって起こることが多く、日焼け直後に肌が黒褐色になり、日常的に紫外線をうけることによって肌が徐々に黒くなっていくことをサンタンといいます。

サンバーンとは?

サンバーンは、日焼けによって肌が赤くなりヤケドのような状態のことをいいます。

主にUV-Bの強い日差しの影響によって肌が赤く炎症をおこし、ひどい場合には水ぶくれになることもあります。

日焼けした肌はヒリヒリと痛みを感じ熱をもちます。

この状態が数日続いたのちに、肌の赤みが引き熱がなくなると皮膚が剥けていきます。

それは皮膚のダメージがあまりにもひどすぎて、修復することができなくなったときにおこる状態なのです。

サンバーンを何度も繰り返すと遺伝子情報にまで影響がおよび、正常な皮膚再生機能の情報を変えてしまうこともあるため、場合によっては皮膚がんになる恐れもあります。

日焼け止めのサンケア指数、SPF・PAの読み方

肌断食の外敵、紫外線について

SPFの読み方と効果

SPFは、UV-Bの防止効果を数値で表したものです。

数値の軸となるのは時間で、普通肌の方がサンバーンをおこすまでの平均時間の20~25分を基準にしています。

もう少しわかりやすく説明します!

例えば今日あなたが海へ行くとします。

そして海で遊びはじめると、だんだん日焼けをしていきます。

そして気がつくと肌が赤くヒリヒリとした状態になっています。

ヒリヒリと痛みを感じる時間には個人差がありますが、普通肌の人が外に出てUV-Bを浴びてから肌が赤くなるまでの時間が20分~25分、肌が赤くなるまでの時間を何分防止できるかをあらわしたのがSPF指数なのです。

★計算例★

SPF25×20分=500分なので、

500分÷60分(1時間)=約8時間

SPF25と表記された日焼け止め商品を塗ると、「約8時間UV-Bの紫外線を防止できます。」となります。

実際には、日焼け止めを塗る量や肌質や場所などによって効果時間に誤差が生じますので、だいたいの目安時間だと思っていた方がいいと思います。

PAの読み方と効果

PAは、UV-Aの防止効果を効果の度合いで表したものです。

PAの表記は+であらわされていて、+の数が多いほど防止効果が高いとされています。

UV-A防止効果を算出するのが、UVAPFという計算式です。

        製品を塗った皮膚がすぐに黒くなるUV-Aの量 

UVAPF=                                 

         製品を塗らない皮膚がすぐに黒くなるUV-Aの量

 

ざっくりとした計算式ですね。

その理由は、UV-Aが環境や肌質によってかなり個人差があるため数値化しにくいからです。

PA値については、+が多いと効果が高いと覚えていただいていいと思います。

一応+の数による効果の度合いについて説明しておきます。

+1つ=効果がある

++2つ=かなり効果がある

+++3つ=非常に効果がある

++++4つ=極めて効果があす

学生時代の通知表のような評価方法ですね。

+の数が多いと効果が高いと覚えてください。

日焼け止めの選び方とオススメ商品

肌断食の外敵、紫外線について

次に、市販の日焼け止めの選び方と、肌断食中の私が使用している日焼け止め商品をご紹介いたします!

日焼け止めの選び方

日焼け止めはSPF値が高くて、PAの+の数が多いほど効果が高いからそれを使えば間違いない、と思っている方も多いのではないでしょうか。

確かに、数値の効果だけを見れば効果は高いですが、ではその成分についてはどうでしょうか。

化粧品と同じように、肌に有害な成分が含まれている日焼け止めが多く売られているが現状です。

せっかく肌断食を続けていても、有害成分が入っている日焼け止めを使ったらせっかく育ててきた肌のバリア機能が破壊されてしまいます。

そうならないためにも、肌にできるだけ無害な日焼け止め商品を使うようにしましょう。

無害な日焼け止め商品選びのキーワード
  • 紫外線吸収剤不使用
  • ノンシリコン、ノンパラベン
  • 無着色、無香料
  • 合成ポリマー、合成界面活性剤不使用
  • 敏感肌や赤ちゃんにも使用可能

このようなキーワードにあてはまる日焼け止めでしたら、肌にもやさしいですし安心して使えますね。

また、SPF値とPA値は日常使い用とレジャー用とわけて選ぶことをおすすめします。

  • 日常使い用でしたら、SPF15~30、PA++
  • レジャー用でしたら、SPF30~50、PA+++~++++

効果が高いと持続性を保つために強い成分が含まれているので、肌に負担がかかります。

毎日効果が高い日焼け止めを使うと、肌が本来もっている紫外線防止機能を低下しかねません。

SPF値とPA値は、使用用途によってわけることをおすすめします。

本当は使わないことが一番ですが、オゾン層の破壊がすすんでいる現代で日焼け止めを使わないことの方が危険な場合がありますので、必要に応じて使用するようにしましょう。

肌断食中にも使える!オススメの日焼け止め(顔用)

私が使用している日焼け止めをご紹介します!

私は普段、オンリーミネラルという、石鹸で落とせる化粧品を使用しております。

オンリーミネラルについては、コチラ!つけたまま眠れるファンデ★実感セット登場♪

先程も述べたように、使用用途によって使いわけを行っています!

日常使い用の日焼け止め

日中屋内にいることが多い日は、肌に負担がかからないようにSPFやPAが低いものを使用しています。

  • アクアリフト BBクリーム / SPF25・PA++
肌断食の外敵、紫外線について

こちらのポイントとしては、石鹸で落とせて、化粧下地 (SPF25・PA++)、日焼け止め、ファンデーション、美容液、クリームの5つの役目をしてくれるところです!

もちろん、下地としてこの上にファンデーションやお粉を使用しても問題ありません^^

この商品、リキットファンデーションのようなべたべた感がなく、とってもみずみずしくてムラなく塗ることができるんです♪

敏感肌な私でも、問題なく使用できています。

私は、冬はこの上にオンリーミネラルのファンデーションを。

夏はこの上に、オンリーミネラルのフェイスパウダー(お粉)をブラシでささっと塗っています^^

ちなみに、2種類あるんですが、私はダイヤモンドBBクリームを使用しています!
肌断食の外敵、紫外線について

詳しい使用方法については、下記の記事をご覧ください^^
⇒肌断食中にお勧めの化粧品!オンリーミネラルの下地と使い方※現在執筆中です※

レジャー用の日焼け止め

続いて、レジャーや日中屋外にいることが多い日用の日焼け止めを紹介致します。

  • ミネラルCC クリーム / SPF50+/PA++++
肌断食の外敵、紫外線について

こちらも、石鹸で落とせて、化粧下地 (SPF25・PA++)、日焼け止め、ファンデーション、美容液、クリームの5つの役目をしてくれます!

肌が荒れることなく、敏感肌の方にも安心してご使用頂けます^^

海などに行く際は、コチラを使用してお粉もつけずに外出しています!

塗った瞬間は、肌が白っぽくなるのですが…数分すれば消えますのでご安心を♪

美白効果やシミ・ソバカス対策をされたい方は、是非!

夏の必須アイテムです。

こちらの記事でも詳しくお伝えしているので、是非ご覧ください^^
20代の肌断食①肌断食中もお勧め!石鹸で落とせる化粧品2選

紫外線が肌におよぼす悪影響について

肌断食の外敵、紫外線について

米国皮膚科学会が発表したデータで、老化の原因の80%は紫外線による影響だと考えられているそうです。

では、紫外線がどのように肌を老化させていくのかを詳しくみていきましょう。

UV-Aの影響による老化

UV-Aは波長の長い光線のため、肌の真皮層まで届きます。

また雲やガラスを通り抜ける為、日常生活の中で知らず知らずに肌に入り込んでいます。

紫外線を浴びた真皮層内では、コラーゲン繊維やエラスチン繊維などを分解する酵素がたくさん作られるようになるため、繊維が分解されてしまいます。

その結果、弾力がなくなりしわやたるみができてしまうのです。

UV-Bの影響による老化

UV-Bは、肌表面の表皮にダメージを与える紫外線です。

メラニン細胞を増加させるうえに、肌に大きなダメージによりターンオーバーが間に合わなくなるためシミやソバカスができます。

それだけでなく、日焼けによって肌が乾燥した状態でターンオーバーが乱れることによって、肌表面が角化で固くなり、ごわごわした肌になり乾燥によって水分を保つことができないのでうるおいのないパサパサした肌になります。

また肌のバリア機能も低下するので、肌トラブルがおこりやすい状態になります。

まとめ

今の紫外線は、昔の紫外線とは強さが違います。

私たちが肌本来もっている紫外線防止機能では太刀打ちできないくらい、強力な破壊力があります。

そのため、肌断食で頑張って表皮パワーが100%になったとしても、紫外線を防止しないといけない時代になっているのです。

現在、紫外線以外にも肌に悪影響をおよぼしているかもしれない光線があるなど、情報も変化しつつありますので、また新しい情報がわかりましたら報告したいと思います。

肌断食は日々丁寧な洗顔がつくりあげる本来の肌機能を最大限に引き上げるスキンケアですので、面倒くさがらずに手をかけて大事に育ててください。

そして紫外線防止は、徹底しておこなうようにしましょう!

 

続いては、肌断食中に気を付ける食生活についてです。
肌断食で気を付けるべき食生活!肌に良い食材で美肌効果を

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です