正しい肌断食のやり方!女性ホルモンによる心と体・肌の変化

女性ホルモンの変化による肌断食のすすめ方

女性は、女性ホルモンの働きによって心や身体の状態が左右されることをご存じでしょうか。

女性ホルモンは、女性が妊娠できる状態を毎月つくることを目的として働いているホルモンですので、女性の美しさを保つためだけには残念ながら働いてくれません。

いつも通りの生活をしていても、ホルモンバランスが乱れることによって心も身体も乱れはじめます。

その乱れは肌状態にもおよび、毎日同じスキンケアをしていても生理前になると、なんだかいつもと肌の感じが違うと思う方も多いのではないでしょうか。

それは女性ホルモンが乱れることによって、肌状態にも変化がおこるからなのです。

そんな女性の心と身体に強い影響力をもらたす女性ホルモンの働きについてみていきましょう。

女性を惑わす2つのホルモン

エストロゲン(卵胞ホルモン)

エストロゲンは、月経がはじまってから排卵前まで約2週間に多く分泌されるホルモンです。

このホルモンは「美人ホルモン」とも呼ばれていて、女性の胸を魅力的にさせてくれたり、肌や髪にハリと弾力としなやかさを与えてくれる女性にはなくてはならないホルモンです。

エストロゲンの本来の目的は、女性の身体を妊娠しやすい環境に整えることです。

コラーゲンの生成を促して子宮内膜を厚くして赤ちゃん専用のベッドをつくったり、人間形成に重要な骨の生成にも関与しています。

そう考えると、女性を魅力的にするのも男性を引き寄せるエストロゲンの策略なのかもしれませんね。

 

エストロゲンは、受精しやすい環境を自らつくりあげるすごい働きもします。

男性の精子は体温よりも高い温度だと動きが悪くなるので、精子が活発に動けるように、女性は自らの基礎体温を下げることによって精子が動きやすい環境をつくりだしているのです。

 

また、自律神経を安定させる働きがあるので、分泌が多い時期は心も身体も肌状態も安定しているので、女性の向上心が高まり活発になります。

この働きも、実は女性を妊娠へ導くエストロゲンの策略で、エストロゲンの分泌量が増えると女性は魅力的になるうえに活発になることで、男性からアプローチされやすい状態を演出しているのです。

今は肉食女子という言葉があるくらい積極的で強い女性が増えているようですが、それは昔よりもエストロゲンの分泌が増えている影響なのか、それともエストロゲン自体が進化しているのか真相は不明ですが謎は深まるばかりです。

プロゲステロン(黄体ホルモン)

プロゲステロンは、排卵後から生理が始まる前までの約2週間に多く分泌されるホルモンです。

プロゲステロンは、子宮内膜が厚くしてつくられた赤ちゃん専用のベッドをさらに寝心地をよくするために、水分や栄養分などを利用してフカフカなベッドをつくります。

生理前にむくみやすくなるのは、水分を溜めこむ働きによるものです。

 

プロゲステロンの本来の目的は、赤ちゃんが快適に成長できるようにサポートすることで、赤ちゃんが育ちやすい環境温度の37℃にするために、女性の基礎体温を上げる働きをします。

そのため、生理前に少しだるさを感じたり熱っぽさを感じたりするのは、この働きによるものです。

また、むしょうに甘いものが食べたくなったり、食欲が増したり、胸が張ったりするのも、プロゲステロンが妊娠したときのことを想定しておこなっている働きによるものです。

 

また、プロゲステロンは男性ホルモンのテストステロンとよく似た働きをします。

プロゲステロンは、コレステロールを原料としているため、皮脂量が増えることにより皮脂腺を活発化させます。

そのため、生理前にニキビができやすく肌が荒れやすいのはプロゲスロンの仕業です。

 

プロゲステロンの分泌が多い時期は、精神状態が不安定になりやすい傾向があります。

PMS(月経前症候群)PMDD(月経前不快気分障害)がおこりはじめるのは、プロゲステロンの分泌が活発になるころからで、分泌量が減るとともに症状がなくなっていきます。

一見やっかいもののプロゲステロンですが、妊娠作業には欠かせないホルモンですので、私たちが霊長類ヒト化のメスである以上、無くなることはないでしょう。

生理周期による身体の変化と肌断食のポイント

月経期

生理が始まって終わるまでの約7日間を、月経期といいます。

この時期は出血があるため、体温が低下することによって血行不良や貧血になりがちです。

血行不良や貧血を予防するには、食事療法と入浴が効果的です。

身体をあたためる食材を使った食事や鉄分を多く含む食材を摂ること、ゆっくりお風呂へ浸かることをおこなうことによって、血行不良と貧血が軽減されますのでおすすめします。

また、理中の肌はとても敏感になっていますので、刺激の強い髪の毛のカラーリングやネイルなどは思わぬ肌トラブルを引き起こす可能性がありますのでおすすめしません。

生理が終わってからおこなうことをおすすめします。

 

この時期は、ホルモンの影響によって皮脂の分泌が抑制されてしまうので、肌が乾燥しやすくなります。

この時期の乾燥は肌の内側が乾燥しやすくなるため、新陳代謝を促す方法が効果的です。

私がおすすめの方法は、半身浴です。

ゆっくりお風呂へ浸かることによって身体の芯から温まるので、汗もたくさん出ますし、血行もよくなるので新陳代謝が活発になります。

また、リラックス効果のあるアロマオイルなどを入れると生理中の不快な気分もリフレッシュされてさらに効果がアップしますよ。

 

この時期に肌断食をおこなうときは、洗顔のときに使うぬるま湯の温度をいつもより低くしましょう。

体温が低いこの時期は、洗顔の温度も低くすることによって乾燥を防ぐ効果があります。

体温の変化に合わせて、ぬるま湯の温度を変えると効果的です。

洗顔後の肌のカサカサが気になるときには、白色ワセリンを薄く塗ってあげるようにしましょう。

 

肌断食の洗顔用のぬるま湯の温度は、とても大切です。

顔の温度よりも高い温度のぬるま湯を使うと、かえって肌の乾燥を促進させてしまう恐れがありますので、適温の34℃前後を目安にぬるま湯を使うようにしてくださいね。

卵胞期

生理が終わった後の約7日間を、卵胞期といいます。

この時期はエストロゲンの影響でコラーゲンの生成がたくさんおこなわれるため、何もしなくてもハリやツヤがあり肌トラブルが少ない時期です。

自律神経も安定しているため、心身ともに健康に過ごすことができる快適な時期でもあります。

 

この時期は、肌断食を始めるのにとても適した時期です。

肌トラブルが少ない時期に始めた方が、肌が急な変化に耐えられる時期でもありますので、肌断食を始めるのは生理後をおすすめします。

また肌も比較的丈夫な時期ですので、ピーリングを取り入れて角栓ができやすいおでこや鼻やあごなどの気になる部分の改善予防をおこなってもよさそうです。

ただしやり過ぎにはくれぐれも気をつけてくださいね。

黄体期前期

排卵後約7日間が、黄体期前期です。

この時期は、エストロゲンとプロゲステロンの分泌量が交差する時期ですので、ホルモンバランスの乱れから身体にも変化がおこります。

プロゲステロンの働きによって、体温が上がりはじめるので身体にだるさや熱っぽさを感じる方が多いと思います。

 

この時期の特徴として、PMS(月経前症候群)がおこりはじめます。

PMSの症状には個人差がありますが、おもに腹痛、便秘、乳房の痛み、肌あれなどの身体的症状とイライラ、不眠、集中力の低下などの精神的症状が同時におこるのが特徴です。

このような不快な症状がおこる直接的な原因はまだわかっていないようですが、ひどい方はPMDD(月経前不快気分障害)という精神的にもっと重い病になる方もいるそうです。

PMSやPMDDは生理が終わるとともに症状が消えていくようですが、生理は毎月くるものなので生理前が憂鬱な方も多いのではないでしょうか。

 

この時期に肌断食をおこなうときは、自分の体温や外の気温によって洗顔のぬるま湯の温度を調節するようにしましょう。

体温や外の気温が高い時は高めに、低い時は低めにぬるま湯を使うことによって肌へのストレスを軽減する効果があります。

しかし、体温や外の気温が高いからといって、ぬるま湯の温度が高すぎると乾燥の原因になりますので、いつもより少し温度が高めかな程度のぬるま湯にとどめてください。

肌断食で一番気をつけなければならないのが、ぬるま湯の温度です。

温度調節をするしないとで効果に差がでますので、面倒くさがらずに温度を気にしながらおこなうようにしましょう。

黄体期後期

生理がくる約7日前が、黄体期後期です。

この時期はプロゲステロンの分泌量が多いため、水分や栄養分を身体に溜めこむ働きをするので身体がむくみやすくなります。

また、皮脂の分泌が活発になるためニキビができやすい時期でもあります。

黄体期前期から引き続き体温が高いため、熱っぽさ身体のだるさが残ります。

またPMSやPMDDも続く方が多いので心身ともに不安定な時期でもあります。

 

この時期に肌断食をおこなうときは、皮脂をしっかり洗い流すことを意識しましょう。

皮脂の分泌が多いおでこや鼻やあごは、ぬるま湯と皮脂がなじむように指先でクルクル回しながらおとしていきます。

そのときにザラザラ感があるときには、そのザラザラ感がなくなるまでやさしく指先でクルクルしてみましょう。

すると、クレンジングや洗顔料を使わなくてもザラザラ感がなくなるから不思議です。

その感覚を覚えておくと、その後の肌断食を続けていくうえできちんと洗顔できているかどうかの目安になりますので、ぜひ感覚を掴んでくださいね。

閉経後の女性ホルモンの変化による影響について

閉経後の身体の変化への対応方法

閉経後は急激なエストロゲンの減少により、肌のうるおいのもとコラーゲンの減少による影響を強く受けます。

肌弾力の低下や、骨の質量の減少により骨がもろくなります。

そのため、骨粗しょう症骨折などがおこりやすい状態になりますので、未然の予防と普段の生活でも注意が必要になってきます。

毎日の生活のなかに軽めの運動を取り入れたり、カルシウムを多く含む食事を摂ることによって、閉経後の身体の変化がゆるやかになりますので、ぜひ取り入れてください。

 

加齢が進むにつれて肌に保つ水分と脂質が減少しつづけているなかで、さらに閉経をむかえることでハリや弾力の衰えが重なり老化が追い打ちをかけるように加速されます。

閉経も加齢も止めることはできませんが、老化のスピードを遅らせることは可能です。

閉経後の肌は、今までおこなっていたスキンケアでは対応できなくなっていますので、少しずつ自分に足りないものをプラスさせるといいでしょう。

また、閉経後は日常生活でおこなっていることがすべて肌にあらわれます。

栄養価の高い食事、質のよい睡眠、適度な運動、正しいスキンケアをすべておこなっている方は、肌がキレイなはずです。

これは健康な身体をつくる基本要素でもあるのですが、このどれか一つが欠けただけで肌老化がすすみます。

キレイな肌を保つためには、健康な身体を維持することがとても大切なのです。

閉経後の肌断食について

肌断食は、閉経後の肌にも効果を発揮します。

ただし、肌断食はあくまでも肌表面の表皮の機能を最大限に活かすスキンケアですので、肌奥の真皮層の改善までは正直むずかしいところがあります。

閉経後のコラーゲンの減少による肌のハリや弾力の減少を補うためには、軽めの運動や食事など身体の中からの改善が必要になります。

また、肌奥の真皮層を改善するスキンケアもありますので、それと併用しておこなうと肌断食は相乗効果を発揮してくれるでしょう。

まとめ

女性と男性の身体のしくみで大きく違うところは、女性はホルモンの影響によって心身ともに変化がおこるところではないでしょうか。

女性ホルモンがエストロゲンだけだったら、女性はずっとキレイを保てるのに~と昔から思っているのですが、残念なことに女性の身体は子孫繁栄のためにつくられた身体なので、プロゲステロンの存在が必要不可欠なのです。

女性ホルモンを自らコントロールすることはできませんので、毎日の生活の中で自分ができることを継続することが、美と健康を保つ最善の方法ではないでしょうか。

肌断食のスキンケアをつづけることによって、最大限に保つことができることが一つあります。

それは、肌のツヤです。

加齢とともに皮脂の分泌が減少するので、昔のようなツヤツヤした肌は難しいかもしれませんが、ツヤは皮膚表面の状態からつくられるものなので肌断食をつづけている方はツヤが保たれている方が多いと思います。

肌断食は一生つづけていける唯一のスキンケア方法といってもいいかもしれません。

一生つづけられるスキンケアで、あなたも一生もののツヤを手に入れましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です